プロ野球1軍戦の熱狂も記憶に新しい弘前市のはるか夢球場で12日、初のコンサート「はるか夢球場フィールドコンサート」が開かれる。ステージでは津軽三味線とジャズが“競演”し、観客は外野人工芝に座って演奏を聴きながら、芝生の上で飲食も楽しめる。主催する市体育協会の齋藤和宏運動公園施設長は「競技者以外の方にも人工芝に触れてもらい、球場に親しむきっかけになれば」と話した。
 コンサートは午後5時開演。チケットは前売り1500円、当日2000円で、市内体育施設で販売。いずれも球場周辺に当日並ぶ出店のフード、ドリンク類が購入できる500円分の飲食券付き。購入した飲食物は球場内に持ち込み可能。人工芝の上に座って使うためのシートも1人1枚配布する。
 問い合わせは市運動公園(電話0172―27―6411)へ。
 【写真説明】コンサートのポスターを手に本番へ向け意気込む渋谷和生さん(右)と川端一秀さん

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。