西目屋村と北海道羅臼町は、それぞれの山の幸と海の幸をコラボレーションして開発した丼レシピの試食会を5日、同村中央公民館で開いた。丼類は両町村のふるさと納税返礼品として秋頃から提供を始める予定。また、両町村の食材を使った津軽の郷土料理も振る舞われ、村は11月上旬ごろに道の駅となる村物産センター「ビーチにしめや」などで提供したい考えだ。
 【写真説明】ふるさと納税の返礼品として提供される予定の押し寿司(左下)と4種の丼

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。