平川市は2日、市内に事業所などを置く日本マイクロニクス(本社東京都、長谷川正義社長)から100万円、タケエイ(同、山口仁司社長)から300万円の寄付を受けた。内閣府が認定した事業に寄付することで一定の税額控除が適用される地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)としての寄付で、市が企業版ふるさと納税を受けるのは今回が初めて。
 【写真説明】長尾忠行市長(中央)に企業版ふるさと納税の目録を手渡した長谷川社長(左)と山口社長(右)

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。