食道と胃のつなぎ目が締まって食べ物の通過障害が生じる病気「食道アカラシア」に対し、弘前大学医学部附属病院が新たな治療法「経口内視鏡的筋層切開術」を北海道・北東北で初めて行い、成功させていたことが1日、分かった。従来の治療法に比べて体への負担が少ない治療で、周辺地域患者のニーズの受け皿として期待される。

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。