県産業技術センターりんご研究所は1日、黒石市の所内でリンゴの肥大調査を行った。ふじ、つがる、ジョナゴールド3品種の調査を行った結果、平年並みから平年をやや上回る大きさだった。
 肥大状況の目安とする横径はふじ6・5センチ(平年6・1センチ)、つがる7・0センチ(同7・0センチ)、ジョナゴールド7・1センチ(同6・9センチ)。前回調査(7月21日)からの伸びは、ふじは降雨の影響で肥大が進み、0・9センチ(平年0・6センチ)となった。つがるは0・8センチ(同0・8センチ)、ジョナゴールド(前回調査は7月1日)は2・1センチ(平年2・2センチ)だった。

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。