国の特別史跡・三内丸山遺跡(青森市)の見学者が1日、800万人に達し、節目の来場者となった埼玉県の小河原岩雄さん(68)に記念品などが贈られた。
 国内最大級の縄文集落跡とされる三内丸山遺跡は1994年に一般公開がスタート。県内外から年間約30万人が来場している。
 セレモニーは縄文時遊館で行われ、小河原さんと800万人前後の見学者へ記念証や記念品が贈られた。
【写真説明】800万人目の見学者となった小河原さん(前列右から2人目)

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。