つがる市立図書館が29日、開館から1周年を迎えた。大型商業施設のイオンモールつがる柏内に建てられたことで注目を集め、館内での各種行事も人気を呼び、1年間の入館者は30万人を超えるなど好調。市民らの知の泉、心のオアシスとして役割を果たしている。関係者は「今後も蔵書を増やしたりさまざまな企画を行い、生涯教育、交流拠点の場として利用者の要望に応えたい」と力を込める。
 【写真説明】開館1周年を迎えたつがる市立図書館。各種企画などが人気を呼び、入館者は30万人を超えている

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。