弘前大学白神自然環境研究所は、運営する生物情報検索サイトで新たに、白神山地のキノコ編の公開を始めた。同大白神自然観察園内で生育を確認・撮影した186種を写真・解説付きで公開しており、同研究所では活用を呼び掛けている。
 同サイトでは2015年に植物編を公開。今回公開したキノコ編は、白神山地のキノコをまとめた資料としては初めてのもので、11年から白神キノコの会(原田幸雄会長)の協力を得て研究を進めてきた成果となる。
 弘大白神自然観察園は一般公開されており(月曜休園)、開園時間は午前9時~午後4時。
【写真説明】白神山地の生物検索サイトのキノコ編について紹介する殿内暁夫弘大農学生命科学部教授

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。