25日に52歳で亡くなった衆院本県4区選出の自民党衆院議員木村太郎氏の無言の帰宅から一夜明けた27日、藤崎町藤越の自宅には、早朝から多くの関係者や地元支持者がひっきりなしに訪れ、故人をしのぶ姿が見られた。一方、木村氏の通夜、葬儀は親族のみの密葬とし、後日、弘前市内でお別れ会を開く予定で日程を調整している。
【写真説明】記帳台が設けられ、弔問客が絶えなかった木村氏の自宅前

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。