衆院本県4区の選挙区内にくまなく組織を張り巡らせ、小まめな活動で常に盤石な戦いを進めてきた木村太郎氏。連続7期に及ぶその経験と実績から、津軽地域における知名度は高く、地元からは突然の訃報を悼む声が相次いだ。昔ながらの“木村派”にとっては、“柱”を突然失ったショックは大きく、一様に落胆の表情や無念さをにじませた。
【写真説明】2014年の衆院選で支持者と握手を交わす木村氏=14年12月5日

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。