東日本大震災からの復興と2020年の東京五輪成功を願い、本県から被災地を通って東京都までたすきをつなぐ「未来(あした)の道 1000キロ縦断リレー2017」が24日、青森市でスタートを切った。同市の第1区では、リオデジャネイロ五輪女子レスリングで4連覇を果たした伊調馨さん(八戸市出身)やシドニー五輪金メダリストの高橋尚子さんらがゲストランナーとして、参加者と共に市内のコースを駆け抜けた。
【写真説明】スタートする伊調さん(前列右から2人目)、高橋さん(同3人目)ら

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。