6歳未満の子どもを車に乗せる際に義務付けられているチャイルドシート。子どもの安全確保だけでなく、保護者らの安全運転のためにも不可欠な必需品だ。しかし、本県では使用率が低水準で推移。今年の調査では、全国で3番目に低かった。わが子の命を守るためにも、保護者らドライバーの意識改革が求められている。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。