自民党県連の江渡聡徳会長は23日、衆院小選挙区の区割り改定に伴う本県の候補者調整について「今月中にはめどは付けたいと思う。方向性がある程度決まったら県連の各支部に報告する」と述べた。近く同党の現職衆院議員4人で話し合い、一定の方向性を導き出す考え。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。