弘前視覚障害者福祉会(藤原義博会長)は23日、弘前市身体障害者福祉センター体育館で今年の福祉更生大会を開いた。視覚障害者向けの日用品体験会や点字競技などを通して参加者が、暮らしやすい社会の在り方について理解を深めた。
 また、会場には視覚障害者の日常生活を補助する機器を展示。郵便物といった手書きを含む文字を読み上げる機器や、音声ガイド付きで安全に使える電磁調理器などを参加者が実際に体験した。
【写真説明】音声などで日常生活を補助する機器が紹介された体験会

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。