メバルの水揚げ量県内一を誇る中泊町小泊地区で今年も「メバルの網外し体験ツアー」が行われている。網外しや漁港見学などを通して漁師の仕事に理解を深めてもらおうと2015年から行われており、好評のため3年目の今年は募集人員を拡大。主催の中泊活ハマクラブ(佐藤英樹代表)は参加を呼び掛けている。
 今後のツアーは7月22、29日と、8月5、19日に開催する。参加費は1人2000円で、定員20人(高校生以下は保護者同伴)。当日は長靴など汚れてもいい服装で、午後7時に小泊漁港そばの小泊漁業協同組合に集合する。問い合わせは中泊活ハマクラブ(電話0173―64―2641)へ。
 【写真説明】3年目を迎え、募集人員を拡大するなど好評となっているメバルの網外し体験ツアー(写真は6月17日の様子)

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。