県教委は20日の臨時会で、2018年度以降の県立高校再編に関する県立高校教育改革推進計画基本方針(18~27年度)を踏まえた、第1期実施計画(18~22年度)を決定し、公表した。津軽地域は4月下旬に公表した計画案から変更はなく、西北地区では金木、板柳、鶴田、五所川原工業の4高校を統合、中南地区では黒石高校と黒石商業高校を統合することなどが決まった一方五戸町が「設置主体の変更を検討したい」とした五戸高校については、八戸西高校との統合を見送り、20年度で募集停止予定とし、状況に応じて対応することにした。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。