ホームランボールが市民の宝に―。6月28日に弘前市のはるか夢球場で開催されたプロ野球1軍戦で、ホームランボールを手にした平川市の農業對馬譲治さん(49)が18日、弘前市役所に葛西憲之市長を訪ね、ボールを寄贈した。ボールは同球場で展示されるといい、對馬さんは「多くの人に見てもらうことで野球への関心が高まってほしい」と話している。
 【写真説明】はるか夢球場で放たれた1軍戦第1号のホームランボールを手にする對馬さん。ボールにはペゲーロ選手のサインが書かれている

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。