結婚願望はあるが一歩を踏み出せない―。そんな悩みを抱える男女の一助となる「ハグメグ支“縁”員」の取り組みが平川市で行われている。支縁員同士が独身男女に関する情報を持ち寄り、交換・共有することで新たなマッチングを探るのが目的となる。市が初めて主体となって動く出会い創出事業で、市民の結婚と定住、将来的には人口増加などにつながることが期待されており、関係者らは取り組みの進展に注目している。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。