身近に起きた出来事を題材にした津軽弁の川柳や短歌などを朗読するイベント「津軽弁の日」。第30回の節目を迎える今年を最後に、運営スタッフの高齢化を主な理由に、一般からの作品募集を終了することになった。主催者側は「イベント自体を終了するわけではない」と説明した上で、来年以降は「別の形で続けていく」と話している。
【写真説明】昨年の「津軽弁の日」の様子(同会提供)

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。