弘前大学と国文学研究資料館(東京都)が取り組む「津軽デジタル風土記」構築プロジェクトに関する覚書締結式が15日、同大創立50周年記念会館で開かれた。文献を地域資源・観光資源としての活用につなげ、津軽の歴史と文化を世界に発信しようとするもの。同資料館長のロバート・キャンベル氏は「弘前は豊富な文化資源に加えて、文献を生きる資源として活用する研究者の層が厚い。(プロジェクトの)結実に向けて力を貸していただきたい」と語った。
 【写真説明】プロジェクトの覚書に調印する5者の代表者

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。