平川市は今年度、市民自ら地元の魅力を発信する「市民記者」養成講座をスタートさせた。行政目線でなく市民目線で情報発信することで、すでに発行している市広報誌との差別化を図り、個人の能力向上と地域にある価値の再発見を促すことを目的とする。今年は実際に市民が取材し、来年2月には市民新聞(仮題)を発行する予定。
 【写真説明】自己紹介し合い、自分の好きな分野や得意なことについて情報交換する市民記者養成講座の参加者

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。