A級プロボクサーへの昇格を果たした弘前市出身の大嶋剣心選手(21)が12日、弘前市役所に葛西憲之市長を訪ね、「これからも弘前をPRしていくため、どんどん活躍していきたい」と語った。
 帝拳ジム所属。弘前市章やひろさき移住サポートセンター東京事務所のロゴ、青森県章をあしらったトランクスを着用して戦うほど地元愛あふれる一面を持つ。
 大嶋選手の訪問に葛西市長は「弘前の子どもたちに夢と勇気を与える。活躍を続け、市民や県民の星になってほしい」と激励し、大嶋選手は「実感はまだないが、世界チャンピオンを目指し、まずは日本ランカーに勝てるような実力を付けていきたい」と抱負を語った。
【写真説明】市章や県章があしらわれたトランクスを手に、活躍を誓う大嶋選手(左)

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。