11日の県内は南から吹く暖かい風の影響で、県内23の観測地点中15地点で今年の最高気温を更新。青森地方気象台によると、このうち弘前市は35・1度、三戸町は35・2度となり、弘前市は観測史上最も早く猛暑日を記録した。県内は16日ごろまでまとまった雨が見込めず、しばらくは全域で30度前後の暑さが続くと予測される。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。