弘前市の津軽藩ねぷた村で、夏限定デザインの金魚ねぷた「ザ・サマーバケーション」の販売が10日から始まった。麦わら帽子に虫捕り網と夏らしいアイテムを身に着け、尻尾が真っ赤なスイカに化けたかわいらしい姿に仕上がっている。
 夏限定の金魚ねぷたは初の試み。金魚ねぷたをもっと身近なものとして手元に置いて飾ってほしいと、職人の今井綾乃さん(26)が考案し手掛けているもので「子どもたちはもちろん大人の方にも懐かしんでいただきたいデザイン。夏の楽しさが伝わるように思いを込めて作っています」と話した。
 大きさは2種類で直径6センチサイズが1000円(税込み)で限定300個、12センチサイズは1500円(同)で限定100個の販売。
【写真説明】夏限定デザインの金魚ねぷた「ザ・サマーバケーション」