弘前市石川の大仏公園に咲くアジサイ。今では「あじさいまつり」で知られ、満開時には20種類、約2500株が咲き誇るが、始まりは45年前に植えられた数十株の苗木。その後、関係者が努力を重ね、「アジサイを楽しむなら大仏公園」と言われるほどになっている。公園全体を色鮮やかに彩るアジサイを見ようと、昨年のまつりには約5500人が来場し、今年の期間中(1~31日)はより多くの人出が見込まれている。
【写真説明】大仏公園では多くのアジサイが咲き誇っている

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。