平川市が誇る「世界一の扇ねぷた」の絵の張り替え作業が8日、市ねぷた展示館で行われた。今年の鏡絵は「田道将軍の霊朝廷軍を守る図」。高さ11メートル、幅92メートルもの大きな骨組みに迫力満点の武者絵が張られ、関係者たちが8月2、3日の平川ねぷたまつり本番に向けて出陣の準備を整えた。市は世界一の扇ねぷたをリニューアルする作業も進めており、現在のねぷたは今年度の運行が最後となる。
【写真説明】絵が張り替えられた平川市の「世界一の扇ねぷた」

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。