つがる市内の幼稚園、保育園、小中学校の給食に6日、同市の特産品であるメロンが登場した。つがるブランド推進会議(会長・福島弘芳市長)が今年から同日をメロンの日としたことの一環で、子どもたちは甘いメロンをおいしく味わった。
【写真説明】給食でメロンを食べる瑞穂小の児童

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。