白神山地世界遺産地域の適正な保全管理を目的とした白神山地世界遺産地域連絡会議が5日、弘前市民会館で開かれた。生息域の拡大が懸念されるニホンジカ対策として、今年度は深浦町において越冬地としての可能性がある地点で猟銃による試験捕獲を実施し、新たに鯵ケ沢町か西目屋村で越冬適地調査を行う予定であることを報告関係機関が有効な捕獲法の検討強化に向けて方向性を確認した。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。