大正時代から始まった岩木川改修事業が来年12月1日で100周年を迎えるに当たり、節目を盛り上げようと「岩木川改修100周年記念事業実行委員会」が3日、五所川原市で発足した。実行委は、99周年に当たる今年12月にプレイベントとして土木遺産認定記念プレート除幕式、来年12月に記念式典などの開催に向けて計画を進める方針。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。