人里でのクマの目撃情報が増え、昨年は秋田県鹿角市でタケノコ採りが殺傷される事件が起きるなど、クマに対する警戒感が強まっている。弘前市内でも数少ない、クマ撃ちの経験を持つハンター齊藤光秀さん(64)は「本来臆病なクマの習性を知り、クマを人里から追い払う取り組みが必要」とし、クマと人との距離の取り方について示唆する。
【写真説明】クマを追って雪山を歩いていた現役時代の齊藤さん

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。