弘前市内では、開幕まで残り1カ月を切った弘前ねぷたまつりに向け、ねぷたの制作作業が進んでいる。茂森新町ねぷた同好会(小山内稔会長)は2日、木材を使った「柱建て」を行い、大型ねぷたの骨組みを完成させた。
【写真説明】弘前ねぷたまつりに向け、骨組みとなる木材を組んでいく会員

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。