五所川原市のアグリコミュニケーションズ津軽(佐藤晋也社長)は、五所川原市生まれの果肉まで赤いリンゴ「御所川原」を使った化粧水とクリームを開発した。普段は捨てられる摘果リンゴなどを利用した自然派志向の化粧品で、同社では「農家の6次産業化、所得向上につながれば」と期待を込めた。両商品は同社の「AKARIN5(あかりんご)」シリーズの一つで、発売を目指し調整を進めている。
【写真説明】アグリコミュニケーションズ津軽から登場した化粧品「AKARIN5」シリーズの化粧水とクリーム

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。