30日の津軽地方は太平洋側にある高気圧の影響で気温が上がり、各地で今年一番の暑さとなった。青森地方気象台によると、弘前市は最高気温が30・1度と、今年初の真夏日を記録した。暑さの中、同市百沢の岩木山神社では、半年間の厄を落とす「夏越(なご)しの大祓(おおばらえ)式」が行われ、参列者が茅(ち)の輪をくぐる神事などを通じて家内安全や長寿を祈願した。
 【写真説明】強い日差しが照り付ける中、延命長寿などを祈り「蘇民将来」と唱えながら茅の輪をくぐる参列者

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。