弘前ねぷたまつり開幕まで1カ月余りとなった28日、弘前市でねぷた囃子(ばやし)講習会が始まった。同日は、会場の市立観光館に35人の市民らが集まり、近づく祭りに向けて笛と太鼓の技術を磨いた。講習会は無料。事前申し込みの必要はない。7月7日まで毎日開催する。
 講習会は小学生以上が対象。時間は午後7~8時半。使用する笛や太鼓のばちは基本的に持参してもらうが、会場で販売も行っている。
 講習会への問い合わせは、同協会(電話0172―35―3131)へ。
 【写真説明】伏見要さん(左)の指導を受け、笛の基本的な音の出し方などを学ぶ参加者たち

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。