本県で29年ぶりとなるプロ野球1軍戦が28日、弘前市のはるか夢球場で行われた。東北6県で唯一、行われていなかった本県での楽天戦が、ついに実現。一流の選手たちが新しく生まれ変わった球場で激しい火花を散らした。試合は楽天が3―2でオリックスを振り切り、勝利を飾った。同日は、プロ選手が見せる鮮やかなプレーに1万3227人の大歓声が湧き起こった。同球場改修後、初めて行われた1軍の試合だったが、大きな混乱もなく終わり、今後のプロ野球開催につながる本県にとって歴史的な一戦となった。
 【写真説明】7回裏の楽天の攻撃を前に、チームカラーのクリムゾンレッドのジェット風船が弘前の夜空に舞い上がった=弘前市のはるか夢球場

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。