「プロのプレーに興奮した」「何度でも見に来たい」―。本県で29年ぶりとなるプロ野球1軍戦が行われた弘前市のはるか夢球場。この日を待ちわびた市民はもちろん、県内外の楽天ファンが大勢詰め掛け、間近で繰り広げられる一流選手のプレーに興奮し、プロを目指す子どもたちは夢と希望をもらった様子だった。選手との距離が近い球場も好評で、次回開催を期待する声も多く聞かれた。
 【写真説明】楽天が得点するたびにスタンドが一体となって喜びを爆発させた=28日午後6時50分ごろ

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。