県内衆院小選挙区の1減に伴う候補者調整で、自民党の江渡聡徳県連会長は28日、比例代表に転出する人選などを近く本格化する考えを明らかにした。県連は同日の党本部による意見聴取に対し、小選挙区と比例代表で交互に出馬するコスタリカ方式の導入と併せ、比例名簿での優遇を要求。これに対し党本部が比例の人選を含め具体案を提示するよう求めた。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。