リンゴの加工・販売を手掛ける弘前市五代の「青研」(竹谷勇勝代表取締役)は28日、品質保持に効果がある「スマートフレッシュ(1―MCP)薫蒸剤」で処理した、2016年産の無袋栽培のふじ(サンふじ)100ケース(1ケース10キロ)を香港に向けて出荷した。同社がこの時期にサンふじを出荷するのは初めて。
 【写真説明】トラックの荷台に積み込まれる香港向けのリンゴ=28日午前10時50分ごろ、弘前市五代の青研第2りんごセンター

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。