弘前市は27日、認知症やその疑いのある人と家族を訪問し、必要な医療・介護につなげるための初期の支援を行う「認知症初期集中支援チーム」の第1回検討委員会を開いた。同市では12月のチーム設置を目指しており、委員会ではチームの活動や、認知症の状態に応じた適切なサービス提供の流れを示す「認知症ケアパス」作成の検討を行う。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。