南極地域観測隊の支援などを行う砕氷艦「しらせ」に女性自衛官として初乗船した、海上自衛隊海曹長の平川真由美さん(42)が26日、母校であるつがる市の向陽小学校(七戸完三郎校長)で講演した。平川さんは南極での滞在経験を例に、挑戦することの重要性などを児童に伝えた。
【写真説明】南極の氷に触れる児童たちを笑顔で見守る平川さん(左)

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。