版画家小松義正さん(弘前市)が所蔵する自身の作品を一堂に展示、販売する「小松義正 木版画展」が27日、同市の百石町展示館で始まった。開場とともに多数のファンが来場し、風景や山野草、仏像などを題材とした大小の作品に見入っている。主催した小松さんのめいで「手づくり工房 裕(ヒロ)」を経営する古舘裕子さん(同)は「(小松さんの)米寿を記念して開催した。まとまった数の作品を展示できるのは、今回が最後になると思う」と話す。28日午後4時まで。
【写真説明】小松さんが所蔵する自身の作品を一堂に展示した会場

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。