本県で29年ぶりとなるプロ野球1軍戦(東北楽天―オリックス)が28日、弘前市のはるか夢球場で開かれる。この試合を実現するために市からオファーを受け、人生の決断をした人がいる。元プロ野球選手の今関勝さん(46)。2015年1月から市職員として1軍戦の誘致に力を尽くしてきた。「プロ野球選手の力、速さ、真剣さなど何でもいい。一流のプレーを見れば、必ず何か大切なものを感じるはず」。約2年半かけて実現した一戦に期待を寄せる。
 【写真説明】真剣な表情で弘前アレッズの練習を見守る今関勝さん=弘前市の相馬球場

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。