「第18回よさこい津軽」が25日、弘前市の土手町通りで開かれた。県内外から24団体、総勢約560人が参加。踊り手たちは色とりどりの衣装で華やかに舞い、6万人(主催者発表)の観客を魅了した。
 【写真説明】迫力ある演舞が次々と披露された「よさこい津軽」

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。