文化庁と文化財庭園保存技術者協議会が主催する第14回文化財庭園フォーラムが25日、弘前市の市民文化交流館ホール(ヒロロ4階)で開かれた。参加者は、津軽地方独自の庭園様式として姿を残す大石武学流庭園の保存や継承について理解を深め、課題と解決策を探った。
 【写真説明】大石武学流庭園をテーマに行われたパネルディスカッション

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。