弘前市の女声合唱団「キララ」(島口和子代表)による第10回記念演奏会が24日、弘前学院大学礼拝堂で開かれた。節目に当たり、会員9人が初の定期演奏会で披露した曲目に再挑戦してこれまでの軌跡を振り返ったほか、約120人の聴衆と一緒に日本歌曲を歌った。
【写真説明】演奏会の最後で「別れの歌(さよなら)」を披露する会員たち

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。