弘前市の吉野町煉瓦(れんが)倉庫を中心とした吉野町緑地周辺整備等PFI(民間資金活用による社会資本整備)事業を本格化する、特別目的会社「弘前芸術創造」と市の契約締結に関する議案が、23日の市議会定例会最終日、賛成多数で可決された。ただ、賛成した与党議員からも市の説明不足を指摘する声があり、事業を進めるに当たって引き続き市は、理解を得る努力が求められそうだ。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。