弘前工業高校定時制課程は20日、生徒の職業観と勤労観の育成を図る目的で企業見学会を行った。1~4年生34人が木工品製造会社ブナコ(本社弘前市)の西目屋工場を訪れ、手仕事の繊細な工程に刺激を受けた。
 生徒たちは2班に分かれて工場を巡回。ティッシュボックスケースやランプシェードの巻き上げや形成、やすり掛けといった手作業を見学した。
【写真説明】職人(左)から説明を受け、形成された製品に見入る生徒たち

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。