県議会定例会は22日、本会議を再開し、県監査委員選任の人事案件を追加提案した後、吉田絹恵(公明・健政)、齊藤直飛人(自民)、鳴海惠一郎(同)、高橋修一(同)の4氏が一般質問を行った。三村申吾知事ら理事者側は、県産素材を活用した全18商品のだし商品「できるだし」シリーズはこれまで県内外433の小売店などに約18万5000個を出荷、贈答用としてのニーズが高まっていることから今年度はギフト市場の開拓に取り組む―などと答弁した。23日も一般質問を行い、4氏が質問する。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。