県や農協などで組織する特A米「青天の霹靂(へきれき)」の生産指導プロジェクトチームは20日、県内28カ所に設けた技術普及拠点ほで第1回生育調査を行った。このうち、平川市西野曽江の拠点ほについては「生育は順調に進んでいる」とした。
 【写真説明】青天の霹靂の草丈や茎数、葉数を調べる職員たち

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。