弘前市の女声コーラス「城南マザーズコール」の創立50周年記念演奏会が7月2日午後2時から、同市稔町の弘前学院大学礼拝堂で開かれる。同団体の立ち上げから関わってきたという藤田洋子代表(85)は「家族の理解や地域住民の応援があって50年やってこられた。(城南マザーズコールが)今後、いつまでも続いていってほしい」と感慨深げに話した。入場無料。
 当日は「信じる」「鮎の歌」「緑のそよ風」などを重唱するほか、弘前リコーダーアンサンブルと30年ぶりに共演し、「ともだち」や「明日があるさ」などを披露する。問い合わせは藤田代表(電話0172―34―4201)へ。
【写真説明】本番に向け練習に熱が入る会員たち

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。